未分類

SAP EWM – 構造要素

SAP EWM
SAP

CIF経由の資材主データ転送のためのWPMの作成手順

ここでは、CIF(Core Interface)を介して資材主データを転送するためのWarehouse Product Master(WPM)を作成する手順について説明します。   → → →  次のウィンドウには、以下の詳細を入力してくだ...
SAP

WPM(Warehouse Product Master)のERPとSCMでの作成および更新

WPM(Warehouse Product Master)のERPとSCMでの作成および更新
未分類

SAP EWM-マスタデータ

ERPシステムでは、お客様、ベンダー、工場、出荷ポイントの詳細情報などを含むマスターデータがあります。  これらのデータはSCMでも使用されます。CIMを使用してデータ転送を行う際、このデータはSCMの対応するマスターデータにコピーされます...
SAP

ストレージビンの変更方法 続き1

この収納ボックスを出庫のためにロックするには、ステータスボックスに移動し、「入庫ブロック」を選択してください。その後、エントリーを保存してください。 入庫ブロックを解除する場合は、再び倉庫モニターにアクセスしてください。
SAP

ストレージビンを変更する方法

ストレージビンを変更する方法は次の通りです。 まず、「ストレージビンの変更」をクリックします。 その後、ステータスボックスに移動し、入庫ロックを設定するには「入庫ブロック」を選択します。変更を保存するために、「保存」をクリックします。 必要...
SAP

ストレージビンの作成、Put Awayのブロック方法

ストレージビン
SAP

SAP EWM – 組織単位

SAP ERPでは、物料が保管される実際の倉庫を表すために、倉庫番号が使用されます。倉庫番号は、倉庫管理またはEWM(拡張倉庫管理)で使用され、3または4文字のフィールドです。倉庫番号はERPシステムで作成され、それをアクティブ化するには、...
SAP

SAP EWMの展開オプション 2

以下の画像は、SAP EWMの展開オプションを示しています。 図1は、SAP EWMがSCMサーバー上に展開されていることを示しています。 図2は、SAP EWMがスタンドアロンで展開されていることを示しています。 コミュニケーション方法 ...
SAP

SAP EWMの展開オプション

SAP EWMは、ERPサーバーに展開されたものと考えることもできますし、また、サプライチェーンマネジメントの環境内にアプリケーションとして展開されたとも考えることができます。 SAP拡張倉庫管理はERPと統合されており、トランザクションお...